【一人ごはん】日曜日の料理は、アイデア満載?

ワタクシの場合、毎日が日曜日のようでもあり、毎日が月曜日のようでもあります。

要するに、平日と休日の区別がありません。

時間はすべてワタクシの一存にて、管理運営されております。

さて、そんなわけで、世間の皆さんにはうれしい日曜日ですけれど、ワタクシにはうれしいという感情が湧いてはこないのです。

 

カフェっぽい朝ごはん

でもね。わたしだって、うれしい日曜日気分を味わいたい!

だから、日曜日の朝には、よくパンケーキを焼きます。

パンケーキを食べるためには、少し時間が必要です。パンをトーストするより時間がかかります。それが特別感を運んでくれるのです。

今日はうれしい日曜日だよっ!

カフェっぽい朝ごはんにしてみました。

パンケーキが焼きたてなので、バターが滑っちゃいました。ツルりんちょ。それにしてもいつも上手に焼くもんだわ、ワタクシ。( ̄^ ̄)ゞ

こんな朝ごはんを食べて、5時間もすると、順調に昼ごはんの時間がやってきます。

休日にぴったりな昼ごはんってなんだろうねえ。やっぱりアレかしらね。

 

焼きそばは、こう焼く!

先日、年上の友人(ほら、あの人よ)に焼きそばをふるまったところ「おいしい!」と褒められました。

別にどうってこないまるちゃん焼きそばなんですけど、焼き方にほんのちょっとコツがあるんです。

友人と食べたあと、3個入りの焼きそばが1個残っていたので、焼くことにしました。

肉や野菜は好きなだけどうぞ〜。ちょっとどころではなく多いけど、これがコツってわけではありませんよ(笑)

野菜、たっぷり。

肉と野菜を炒めたら、一旦プライパンから出します。

ここがコツ!

麺は単独で炒めるってわけです。

麺はすぐにほぐさずに固まったままでオッケー。むやみにいじると麺が切れます。裏側に焦げ目がつく頃、勝手にほぐれてきますのでほっときます。水分を飛ばしながら、柔らかくするってわけです。

麺に焼き色がついた頃には、簡単にバランバランになります。

焼けた麺に、野菜を再投入します。そして付属の粉で味付け。ワタクシ的にはこのくらい野菜を入れると、ちょうどいい塩加減です。

焼いた麺と焼いた野菜を混ぜて、味をつけるだけで、完成です。

家で作ると、焼きそばって、どうしてもべたっとなりがち。でもこの方法だと、さらりと仕上がります。

屋台風な焼きそば。

紅生姜をお忘れなく。

・・・って、なんのことはない・・屋台の焼きそばを見て、真似ただけですね。屋台で野菜と麺を別々に炒めてから混ぜてたのを見て、そっか!と思って見習いました。

具と麺を別々に炒めるという一手間をかけるけれど、出来上がりの味はかなり違います。

で、ワタクシは、さらにひと手間、加えます。

実はこの日食べたかったのは、焼きそばではなく、焼きそばパン。どうしても食べたかったんです。

誰が考えたのか知らないけれど、焼きそばとパンって、サイコーの組み合わせだよね。これ考えた人、天才だと思う。

この2個だけで、お昼はおしまいかって?

そんな少食なわけないですね。焼きそばを半分くらい食べましたよ。

 

煮物とカレーと

ふと、母の味が懐かしく思い出された午後の台所。

今ごろ、どうしているのやら。

さて、母の味は、干しシイタケ汁で甘めに味付けたじゃがいもの煮物。肉じゃがとは、ちょっと違うんです。

干しシイタケは、冷蔵庫にて一晩かけてゆっくり戻しています。ゆっくり戻すと、干しシイタケ、ふんわりします。

さて、鶏肉と根菜類を炒めていたら「全部を煮物にしたら、多すぎる」とブツブツひとり言のワタクシ。

すると、天からアイデアが落ちてきた!

キター!───O(≧∇≦)O────

「材料、カレーと同じやん」

天の声さん、ありがとう!確かにそのとおりだわ。

急ぎ小鍋を出して、分ける。カレー用には、ローリエの葉を入れて、それっぽくすれば、途中からの転用だとはバレないね。

煮物は甘めの味付けにして、しらたき入れて、より一層の和風感を演出しよう。

「母煮っころがしdeしらたき多め」

あら、おいしそ。もうちょっとじゃがいもが煮崩れたほうがいいね。

カレーの方にはツナ缶としめじを足して、元が同じだということを隠さなくては。

「別の道を歩いたdeカレー」

なんで、元が同じってこと、隠したりするの?

 

(特に異性)かに食べさせるわけでもないのよ〜。

(特に異性)かも食べに来たりしないのよ〜。

なんとなく・・・よ。いや〜ん。

 

みんな、疑ってるでしょ?

ねっ!疑ってるよね。絶対に疑うよね。

 

疑ってくれた人に、申し上げます。m(_ _)m

 

誰か(特に異性)に出すときには

カニとかカモ

オホホのホ。

 

とりあえず、婆は1日に1時間程度は、台所にて、ご飯作ってますってよ。ひとり芝居しながら。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。