【一人ごはん】S&B「ケララカレー」を使って、簡単に手軽に本格的にカレーを作ろう!

S&Bの「ケララカレー」はインスタントカレーの元です。

価格は400円前後。

インスタントとは思えない、かなり本格的なカレーが手軽に作れるので、超おすすめです。

手軽、簡単、本格的これ、ポイントです。

 

ケララカレーに入っているもの

箱の中には、こんな物が入っています。

炒め用スパイス・煮込み用スパイス。

ブイヨン・辛味スパイス・香りスパイス。

カレールウ。

いろいろなスパイスが用意されているので、簡単にチャレンジできます。

何かを買い足すという必要はありません。これで十分です。シナモンスティクやクミンシードなどのスパイスは、一度買ってしまうと結構あまりがち。

「ケララカレー」は使いきりですから、無駄になる心配がありません。

 

カレーの材料と切り方

普通の家庭カレーと少し違うのは、材料です。ジャガイモは入りません。肉は鶏の手羽肉。骨付き肉を使います。

玉ねぎ・ニンニク・リンゴ・セロリ・しょうが。

これらが「ケララカレー」の材料となります。さあて、包丁を使いますよ。

<みじん切りにするもの>

玉ねぎ・ニンニク・セロリ・リンゴ。

ん?これでみじん切りかって。

これでもみじん切りのつもりですよ~。み・じ・ん切り、シュワッチ!炒めて煮込めば、み~んな溶けて分かりゃしないって。(∩´∀`)∩

<すり下ろすもの>

しょうがとニンジンはすり下ろします。

あれ?刻んだのも入ってるね(笑)すりおろしきれないのは、刻んでしまおう。

 

肉と野菜を炒める

つづいて、炒める作業に入ります。

油を入れたフライパンに「炒め用スパイス」を入れます。これはクミンシードですね。そして骨付きの肉を焦げ目がつくように炒めます。

焼けたら、肉を一度プライパンから出して、そこにみじん切りにした玉ねぎとニンニクを入れて炒めます。キツネ色になったら、リンゴとセロリを入れて炒めます。そして最後にすり下ろしたニンジンとしょうがも入れます。

 

ブイヨンを入れて煮込む

最後の作業は煮込み。もうおしまい近づいてきました。肉と炒めた野菜を鍋に入れて、煮込むだけです。ブイヨンを入れて煮込みます。20分程度です。わたしはもう少し煮ていますけれどね。

この辺は気分の問題です。最後にカレールウを入れて、辛味を調整して、香りを足しておしまい。辛味の調節はありがたいです。

わたしは辛い物は苦手です。咳き込んでしまうのです。だからわたしは辛味スパイスはまったく入れてません。

シナモンスティクと鷹の爪が、本格的な感じを演出中。わたしは結構煮込むので、骨付き肉は、すでにバラバラ状態です。

 

どこに売ってるの?

少し大きめなスーパーなら置いてあると思います。インスタントカレールーの並びに置いてあるはずです。実はわたしはずいぶん前から「ケララカレー」を使っているのですが、レシピどおりに作ったことはありませんでした。

オリジナルなチキンカレー用に使っていたのですが、今回、ふと思い立ってレシピどおりに作ってみました。わたしが何か工夫したのかと言えば、何もしていません。

「ケララカレー」を1箱買ってきて、その通りに作っただけです。おもてなし料理としてもバッチリなんじゃないでしょうか。

「カレーを作ったから食べに来て」と思わず言いたくなる味に仕上がるはずです。誰にでも400円で本格的なカレーを手軽に作ることができます。

ぜひぜひ、お試しくださいヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。