「天然ハチミツ」と「純粋ハチミツ」はどう違うの?品質はどっちが上?

何でも、インターネットで検索してクリックするだけで、翌日には手元にはお望みの商品が届く生活。なんでも簡単に手に入れられる暮らし。

だけど、実は、本物はそんなに簡単に手には入らないかもしれない。先日、そんなあたり前のことを思い出させてくれる出来事に、遭遇しました。

 

ハチミツ屋さん

先週のことです。

デパートの催事場をのぞいてみたら、入り口に「はちみつ屋」さんが出店していて、ブースの中にいる若い男性と思わず目が合ってしまい、立ち止まることになりました。

もともと、ハチミツには興味があります。というか、はちみつラブです(笑)こんなわたしからは、きっと「ハチミツ大好き」のにおいがしたのでしょう。

3代目さん
ハチミツの話をさせてください!

「何分くらいかかりますか?」

3代目さん

10分以内には収めますから! 

10分!?(◎_◎;)

こういう場面では考えられない時間の長さ。興味を持ったわたしは話を聞くことにしました。

たまたま一緒だった次男と、話を聞くことになりました。

 

十和田のはちみつ

このハチミツ屋さんは、「沢田養蜂所」さん。

秋田県鹿角郡小坂町に住んで、親子三代ではちみつを採集して販売しているそうです。

わたしが行った西武系のデパートに来ていたのは3代目の息子さん。2代目のお父さんは、渋谷の東急デパートのほうに出向いているとのことでした。

西武と東急に出店できるはちみつ屋さんということは、素性は確かなんじゃないかな。

3代目さんはたぶん20代前半だとお見受けしました。会話のしかたが若いなあと思いましたが、なにより情熱を持って仕事に取り組んでいる姿に心打たれました。

「ハチに刺されながら頑張ってます」とのことでした。

 

天然はちみつ

3代目さんにいろいろ教えていただいて、大変勉強になりました。もう少しハチミツについて勉強してみようと思いました。

今回分かったことは、ハチミツには2種類あるということ。

ハチミツの種類

天然ハチミツ

純粋ハチミツ

天然と純粋、どちらが上だと思いますか?違いは分かりますか?

実は天然のほうがランクは上なのだそうです。

純粋という表記がなく、しかも安い値段で手に入るハチミツは「ハチミツもどき」だそうです。ハチミツの風味をつけた甘味料という可能性が高いとのこと。

想像してみただけでも分かりますが、ハチミツは、もともと稀少で高価なものなのですよね。世の中にこんなに氾濫しているわけがない(笑)

※純粋ハチミツとは、ハチミツではあるけれど、ろ過したり加熱処理したりしているものも含まれている。

※国産とうたっているものの中にも、一定割合までは他国産を混ぜてもいいので、他国産のハチミツを混ぜているものがある。混ぜているハチミツは中国産が多い。

実は表記の基準があいまいなのが現状なのだそうです。

ちょっと驚きました。今後はよく確認しなくてはいけません。

はちみつの効能は本物のはちみつにしかないのです。一さじ食べても、半さじの効果では、ちょっと残念です。

そして本物のはちみつを見分ける方法はただ一つ。

「天然」という表記のみ

「天然」と表記するのは限られたものだけだそうです。これは規制があるのだそうです。

家に帰ってきてから、インターネットで「天然ハチミツ」を探してみたけれど、なかなか見つけられないことに驚きました。

実は本当に、出回ってないんですね。\(◎o◎)/ オドロキ。

3代目さん
そんなにたくさんは採れないんです 

小坂町はアカシアが咲く町だそうで、アカシアの咲くころになると、全国から小坂町には養蜂家が集まってくるそうです。行ってみたいものです。花を見てみたいものです。

3代目さん
わたしらは住んでますから! 

仕事に対して自信を持っている姿にえらく感動しました。デパートへの出店も、売ることが目的ではなくて、本物を欲しいと思ってくれるお客さん(固定客)の掘り起こしが目的とのことでした。

わたしたちにも、あまり売る気はなかったみたいです。というか、買うとは思わかなかったみたい。

でも味見をさせてもらったところ、これが、本当においしかった。特に「岩蜜」の味はとんでもなくおいしかったです。

濃くて、風味がある!でも口には残らない。さっぱりしているんです。ほのかな酸味が感じられました。

500gボトル3100円 岩蜜250ボトル2750円

ここで、わたしも息子も買う気になった!買う気、満々!

そこでお互いに「買ってあげる」譲り合いが始まりました。愛ある見栄の張りあいですね。でも、きっと、そうは見えなかったんだと思います。支払いの譲り合いにみえたのかもしれません(笑)

ここで、お兄さんは息子に対して、マジな顔でこう言い放ったのです。

3代目さん
無理して買わなくていいから! 

息子は(たぶん)若く見えるので、貧乏学生に見えたのかもしれませんが、実はそこそこのサラリーマン。で、お金を出したのは息子。2家族分の購入となりました。3代目、ビックリ。わたし、ラッキー。

 

沢田養蜂所の売り方

沢田養蜂所はネットでの販売もしていないそうです。アナログな販売方法のみとのことです。電話で注文して、郵便局でお金を払って、届けてもらう。それのみです。

こういう売り方なので、その分、値段が良心的なのかもしれません。1キロだと6000円くらいです。

ちなみに、わたしが大絶賛しているマヌカハニーは間違いなく「天然」ものだそうです。「生のはちみつ」です。確認しました。

3代目さんもマヌカハニーのことは、よくご存じでした。でも「わたしらのハチミツにも殺菌力は十分ありますから、わたしはそれで十分です」とおっしゃってましたけど。

マヌカハニー

「マヌカハニー」の効果と効能をご紹介!絶対おすすめのハチミツです

2017年9月21日

「顔の見える養蜂家」さんから買ってみる。そして食べてみて自分で効果が実感できるかどうか。確かなことは、それだけかもしれませんね。

簡単に集められるネットの情報に頼るだけではなく、たまには自分の足で情報を集めないとね。そんなことを思った出来事でした。

今、関西に来ていますが、寒暖の差が激しいです。今朝はちょっと喉に違和感を覚えたので、マヌカハニーを一さじいただくことにします。これで大丈夫。

関西支店にも、もちろんマヌカハニーは常備してあります。ヽ(^。^)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんばんは♪ 身体を切ったら蜂蜜が流れ出るのではないかと思われるほど蜂蜜大好きです!
    なので、以前、まがい物が普通に売られていることを知った時はとてもショックでした。
    天然蜂蜜の存在は、りっつんさんの記事で初めて知りましたΣ( ̄□ ̄)!
    私も実際に養蜂家の方のお話を伺いたいので、デパートの物産展に通おうと思います。
    マヌカハニーも重宝しています。しかし、今日、蜂蜜に詳しい医師の記事を読みましたら
    赤道を船便で輸送される場合、温度調節がされていないと劣化の恐れがあると知り
    メーカーをまた一から探さないといけないの?とガックシ○| ̄|_
    しかも、蜂蜜を加熱すると毒素に変わるとも書かれていて、調理にもたっぷり使っていたので
    ワナワナしました。泣 非加熱じゃないと薬効がないみたいですね。
    猫さまの治療の記事には感動しました(=^_^=)

    • たいさん

      おはようございます。
      はちみつはおいしいですよね。大好きです。
      わたしも今回「天然」というはちみつの分類を知り、ショックでした。
      いいものは大量には出回らないんですね。
      赤道通過の話は初めて知りました。
      え~!です┐(´~`)┌ どうすりゃいいの~
      わたしははちみつは料理には使わず、そのまま食べるようにしています。
      朝にはぬるま湯で「はちみつレモン」を作って飲んでいます。ヽ(^。^)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。