つゆのあとさき。野菜が届いたり、猫を思い出したり。

今年は、風が弱いというか、風の存在が薄い感じがしています。

いつも、梅雨の前後には、トパーズ色の、それはそれはステキな風が吹いてくるはずなのに、今年はそんな風が吹く前に、夏になってしまって、しょぽん。

 

朝に見た空

今朝の5時半の西の空です。

ベッドに寝たままの状態で、スマホでパチリ。

雲が多い空。

今日の暑さはどれくらいかしらと、そればかりが気になるところ。

7月の始めといえば、例年はまだ梅雨の最中。

今年は1ヶ月くらい前倒し状態になっているので、なんだか季節感が違っていて、とまどうばかり。

夜になると吹き込んでくる涼しい風も、あまり吹いてこないし、風の存在が薄い。

特にさださんの「つゆのあとさき」という歌詞の中に登場するトパーズ色の風は一度感じただけ。

雨上がりの雲の間に、少しだけ青い空が見える。そんな気象条件で、ぬるい空気の中に吹き込んでくる冷たい風。

歌を歌えば、吹いてくるかもしれない(笑)

♪つゆのあとさきのトパーズ色の風は〜

 

畑直送の野菜が届く

昨日の午後。

本を読んでいたら、いつの間にか夢の国。そこにルルルと電話が入りました。

ご近所のBABA友バーバラさんが、野菜を収穫したので持ってきてくれるとのこと。

バーバラさんは、生粋の日本人です。”ばあば”をハイカラにもじっただけ(笑)

バーバラさんと呼ばれるようになって10年弱。

いまでは、このニックネームもすっかり定着して、わたしの孫もバーバラさんと呼んでいます。

昼寝から覚めた者と、畑で仕事をしてきた者と、仲良くティータイム。

真っ先に、採りたてのとうもろこしをレンチン。

ナスとピーマンとしそを炒めて、きゅうりやトマトを刻んで冷蔵庫へ。

 

豆花、作る

そして、台所に立ったついでに、豆花を作ることにしました。

作るといっても、豆乳を温めて、ゼラチンで固めるだけという簡単作業。砂糖などは一切入れません。

粗熱が取れたら、冷蔵庫へ。

固まったら、取り分けて、ハチミツをかけて食べてます。

時々、ぷにょぷにょしたものが食べたくなるのです。

市販のプリンやゼリーはおいしいけれど、かなり甘いので、やっぱりカロリーが気になる。

でも、こうして作れば、糖分を入れないから、カロリーも怖くない。

食感がぷにょぷにょなら、それで満足ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

シャンクスを思い出す

今朝、ふっと、シャンクスを思い出しました。

昼間にバーバラさんとシャンクスの話をしたからかもしれません。

こんな夏の朝は、早くから外に出せってうるさかったなあ。

何度も、何度も、留守番ばかりさせてしまったけれど、たまにブツブツ文句を言っていたなあ。

本当に自立した猫でした。

ひとり(1匹)で最長45日の留守番はえらかったよね。今から9年前のちょうど今頃の季節だったなあ。

ともたんの誕生に合わせて渡米したわたし。近所の人たちが何人かで世話をしてくれました。シャンクスは家を守ったつもりだったに違いないです。

ずっと、あの猫は死なないと思っていたけれど、死んでからもう1年も過ぎてしまいました。

時の流れに乗って、別の世界に行ってしまいました。

いまは庭の片隅で、地球との同化に進んでいるはず。

階段のところから、わたしをよく見下ろしていたっけなあ。

シャンクスが消えて10日。気配がないって、こんなこと。

2021年7月7日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • こんにちは。
    毎日暑いですが、いかがお過ごしですか?毎日、ブログを楽しく読ませていただいています。
    豆花とっても美味しそうです。私も作ってみようと思います。ちょうどゼラチンあるし(^^♪
    そちらはものすごい暑いと思いますが、くれぐれも体調にはお気をつけになって、夏を乗り切ってください!

    • マリーさん

      こんばんは♪

      暑いですねえ。
      今夜はけっこう涼しくて、そのせいか、眠気がそこまできています(笑)
      豆花、おいしいですよ。
      あんこを乗せたりしても、おいしいですよ。

      ありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • こんにちは。毎日のブログ楽しみに読ませていただいています。
    先日、16歳の愛犬を亡くしました。去年のシャンクスちゃんを失われた記事は、老いた子を看取る覚悟も私に与えてくれました。
    最期は病院にも行かず、私が美容院から帰って5分で腕の中でなくなりました。
    りっつんさんの悲しみ、寂しさ。今ひしひしです。
    すみません。湿っぽくて。りっつんさんのブログ読みながら、又元気取り戻そう!

    • はるさん

      こんばんは♪
      わんこさんの最期、想像するだけでウルウルしてしまいました。
      腕の中で亡くなったなんて、待ってたんですね。しあわせわんこです。

      いまでも、しっぽのところのコツコツとした手触りとか、
      鼻のところの色違いの毛の感じとか、
      細かく思い出せます。こんなに覚えているものなんだと、驚くほどに。

      いつか、あの子とも、きっと、また会える。
      そう信じています。

      湿っぽくても、いいよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。