春の気配。猫たちの縄張り争いが勃発し始めた。

暖かかった昨日。

散歩していたら、猫たちの唸り声が聞こえてきました。

おやおや、もう始まりましたか。

雄猫たちの縄張り争いですね。

この時期、動物たちは正直です。

野生の勘を信じれば、春は近い!ということになりますね。

春の気配をほんの少し感じただけで、こんなにうれしい気分になるのは、ここ数年のこと。

寒さに耐えられなくなってきているのです。2月に入るころには、寒さで身体がしんどくなることが増えました。

少なくても5年前までは「関東には冬はない!」なんて豪語していたわたしですが、寄る年波と寄る寒波には勝てなくなってきたみたい。

「キンキンする寒さが恋しい」なんて言ってたけど、今は恋しくもなんともないです。夏の暑さの方が耐えられる。すっかり関東人体質になってきいるのかもしれません。

だから雄猫たちの発情の叫びは、わたしにとってはうれしい音として聞こえてきます。

春だ!春だ!とうれしいがっております。

さて散歩から家に戻ってみると、ばあさんはこんな所にどってりとお座りになられておりました。

ここはわたしの席だよっ!毛布の下には湯たんぽが2個。

あんたの湯たんぽはあっちでしょ!!と言っても、聞こえないフリですね。

それにしても、バランスが悪い所に上手に座ってるわね。

移動する気配はまるでなし。やっぱり硬い湯たんぽより柔らかい湯たんぽが好きみたい。わたしと同じです。

こんなふうにして、寒さにも負けず18歳の冬を乗り切ろうとしているマイラブリーにゃにゃんです。

明日は立春。

春が立つ。やっぱりうれしい。

めざしを買ってきました。焼いて、猫と一緒に食べようと思います。

恵方巻きも食べますです!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


2 件のコメント

  • こんばんは☆
    猫様と、めざしの焼ける匂い、たまりませんねヽ(゚▽、゚)ノ

    私も日本海側の雪国で育ちましたので、東京の冬は寒さの内に入りませんでした。
    しかも大寒生まれ。それなのにどうでしょう。
    サークルに行くと誰よりも着ぶくれている体たらく(>_<)ヽ
    カイロと湯たんぽも手放せません。
    暦の上でも立春を心待ちにしていました。春よ、来い!

    • たいさん。

      おはようございます。
      ネコさま、ふがふがしながら、ガツガツ食しましたよ!
      日本海側の雪国は今頃、どんな景色でしょうね。
      思わず秋田の冬を懐かしく思い出しました。
      覚悟して冬を過ごしていました。
      着ぶくれると肩がこるし、薄着は寒いし・・・悩ましいです(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。