【ひとりお盆】あんぱんが食べたかったのは、父が帰ってきてるから?

数日前に突然、あんぱんが食べたくなりました。

それも、つぶあんあんぱん

こしあん好きなのに、なんで、つぶあん

 

セブンのあんぱん

ということで、セブンのあんぱんを食べたのが、おとといのことでした。

あんぱん

嫌いではないけれど、食べなきゃいられないってほどの好物でもないです。

ところが、また、食べたくなりました。

連続あんぱん

再び、セブンへ向かったのは昨日の午後のこと。

そして今朝のごはんとなりました。

朝ごはんにあんぱんなんて、何年ぶりかしら。

ニュースに映し出される”再会のシーン”を見ながら食べました。

日本のあちらこちらで、じいちゃんやばあちゃんとの再会を喜んでいるシーン。

そうだった!今日はお盆だ。

そういえば・・・・

父があんぱんやら豆大福が好きだったなあ。

これは、父が食べたがっているのに違いないです。

酒飲みだった父。

甘いものを食べるようになったのは、還暦を過ぎてからでしたが、あんこにはうるさかった。

もしかすると、実家では、お酒は供えて、まだあんこを供えていないのかもしれない(笑)

じいちゃん、セブンのつぶあんぱんも、なかなかうまいっちゃね。

 

墓参りを済ませて

先月の末。

思い立って、父の墓参りをして来ました。

東北新幹線にSuicaで乗れるようになって、仙台がますます近くに感じられるようになりました。思い立ったら、ささっと行ける。

5年ぶりの墓参り。

仙台市の大規模な墓園は、山ひとつがお墓の団地。あんなところ、他にもあるのかしら。夜は怖くて、とても1人じゃ歩けない。1人じゃなくても歩けない(笑)

かすかに覚えていたお墓の住所を、記憶をたどり、坂道をたどり、なんとか父の眠るお墓の前に立つことができました。

木が邪魔して見えなくなっているけれど、遠くに海が見える場所に父はいます。

石巻出身の父。泳ぎが得意だった父。

きっと、毎日、海を見ていることでしょう。

花を供えて、線香をたむけて、帰って来ました。

庭の木を切りながら、父の子であることを思う。

2022年4月10日

【新幹線eチケット】えきねっとで予約。改札はSuicaでスイスイ通過!

2022年2月26日

 

父の最期

父は胃がんでしたが、あれは老衰というものだろうと思っています。

食べられなくなり、飲めなくなり、亡くなったのですから。

86歳の誕生日を10日ほど過ごして、逝きました。

胃がんがわかったのは、亡くなる2ヶ月前のことでした。

突然に水も通らなくなったのです。直前まで食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、元気に暮らしていましたのに。

検査したところ、胃の入り口には固形のがんが、胃の底にはスキルスがんが広がっていて、もう改善の見込みはないということでした。

父は自宅に戻ることを希望し、みんなで話し合いをして、在宅ホスピスを選ぶことになりました。

わたしは猫を近所の人に頼んで、仙台と自宅を行ったり来たり。かなりの時間を父と過ごしました。

毎日、看護婦さんが様子を見にきてくれて、なんの心配もなく過ごすことができました。

死ぬという大前提があるならば、周りにもその覚悟があるならば、慌てることなど何もないのです。

「いい人生でした」

そんな言葉を残して、家族に囲まれて、父は逝きました。

雪の仙台。思い出すのは、末期ガンの父を見舞った日のこと。

2020年12月17日

 

夫の最後の願い

28年前に夫が最後に望んだことは家に帰るということでした。

ホスピスに入院して、2日後くらいのことでした。

「家に帰りたいなあ」

そう言ったのです。

ホスピスに入った時点で、もうすでに危篤状態と言われていたので、わたしは無理だろうと思いました。

しかし、先生と看護婦さんは、

「◯◯さん、ぜひ帰りましょう!」

そう言ってくださいました。

民間の救急車を手配して、自分が同行すれば、なんとかなるかもしれないと、先生はおっしゃってくださいました。

そんな話をしていたら、夫が吹っ切ったようにはっきりと言いました。

「ここにいます。ありがとう!」

願いは叶えられなくても、叶えてくれようとする人たちに囲まれていることが、夫の気持ちを和ませたのでしょう。

もう立って歩く力はありませんでした。

ホスピスのスタッフさんたちとは知り合ったばかりでしたが、本当に親身になって接してくださいました。

あの当時ホスピスに入れだけでも、かなり恵まれていたなあと、思います。

やれることはやったつもりです。

それなのに、夫の最後の願いを叶えてあげたかったなあと、いまでも思うのです。

こんな後悔を残してくれた夫。

その後悔があるからこそ、父が望む最後の希望に、迷うことなく同意することができたのです。

シャンクスも手元で看取ることができたのです。

人が残していく思い。

生かせるのは、生きている者だけです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • りっつんさん、あんぱんの見出しに惹かれて読み始めたけれど、最後は、泣いていました。
    お盆は、年に一度、いろいろな事を思い出させますね。

    • しばふねさん

      おはようございます。
      あんぱんの話から夫の話になってしまったのは、
      やっぱり「お盆マジック」かと。

      いつもコメント、ありがとうございます!

  • それぞれの最期がありますね。
    ご主人もいろいろ考えられたのでしょうね。

    夫は最期の1週間病院だったんですけど、
    あんなに家にいたがっていたのになぜ?と聞いたら、
    「僕が死んだ所で君がこれから生きていくのはつらいだろ」と言ったんですよ。

    意識が遠くなる中、最期は「それでいい、それでいい」でした。

    わたしが最期の時、全てを肯定できるような
    言葉が言えるかな、と思ってしまう。

    お盆は嫌でも故人を思い出し、切ないのですが、
    その人の人生と引き換えに教えてもらったことを
    胸に刻む大事な日だと思っています。
    (特別なことはしないんですけど)

    • しろねこさん

      おはようこざいます。

      ご主人の言葉、温かいですね。
      残していく人を気遣えるなんて、心の大きい方だったのですね。

      わたしは最後に何を言うのか。
      とても、興味、あります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1957年生まれの64歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。 好きなミュージシャンは山下達郎氏と反田恭平氏。 3歩歩くとと、すべてを忘れる「とりっつん」に変身するという特技の持ち主。