5月の風に乗せて「田植えの旅」を思い出す息子たち。

きのうは昼過ぎに次男が遊びにきてくれました。

話をしていると、突然、こんな話を始めた次男です。

「こんな季節になると、思い出すことがあるんだよ」

「田舎で田植えをして、ご飯がとってもおいしかったんだ

「いつ、なんで、行ったのか覚えている?」と聞いたら、次男はその時の事情を全く覚えてはいませんでした。

「ご飯がおいしかったことと、焼肉だったことを覚えている」と言う次男。

以前に長男も同じようなことを言っていたことを思い出しました。長男もやはり「白いご飯がとてもおいしかった」と言っていました。

息子たちにとっては、楽しくておいしい思い出。だけど、実はわたしにとっては、ほろ苦い思い出。

その田植えの証拠写真がこちら。2枚の写真が残っていました。整理した息子たちのアルバムの中に挟んでありました。

楽しそうな2人組。満面の笑み。この写真を見ると、今だに胸がつまる母です。

この場には息子たちの父親も母親もいないのですから。

実はこの時、夫は亡くなる1ヶ月ほど前。自宅でモルヒネを使いながら、なんとか暮らしていました。

わたしは夫の世話で手一杯。何しろモルヒネだの、その副作用を緩和する薬だのと、一日に何回も飲ませなくてはいけない。体につないでいる管の手当もしなくてはいけない。目が離せない状態でした。

5月の連休だというのに、どこにも連れて行ってあげられないどころか、家の中にはピリピリとした空気が流れていました。息子たちはテレビも見られない状態でした。

そんなとき、お隣さんが我が家の状況を見るに見かねたのでしょう。こんな提案をしてくれたのです。

「実家に田植えの手伝いに行くんだけど、よかったら、2人も連れていくよ」

車で2時間ほどの実家へ行くというお隣さん。もちろんわたしにお隣さんの親戚と面識はありません。しかもお隣さんとの付き合いも3年ほど。それほど親しい関係ではなかったのに。

今思えば、あまりにずうずうしい!(笑)

しかし、当時のわたしは、遠慮なくその言葉に甘えさせていただくことにしました。少しでも息子たちが気分転換できたらと思ってのことでした。

というか、わたしは息子たちのことなんて、あまり考えていなかったに違いないです。

1泊2日の田舎への旅。子どもたちは、リュックを背負って、張り切って出かけて行った後姿だけは覚えています。

あのとき、夫がわたしの判断に対してどういう反応をしたのかは、全く覚えていません。もしかすると反対していたかもしれません。あまりにずうずうしいから。

写真に写る田植えの機械を動かしている方は、お隣さんの甥っ子さん。

長男は5年生。次男は3年生。こんなにも満面の笑みで写真に写る息子たち。息子たちをこんなにも楽しませていただいてもらったことに、ありがたさで胸がいっぱいになります。

こんなことを経験できたおかげなのか、わたしは「血が繋がっているとか、いないとか」そんなことは些細なことのように思えるんです。

「温かい人がいる」ということを信じられるわたしは、幸せ者だと思います。

 

夜になって長男から「へそ」の写真が送られてきました。

自撮りのへそ写真!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

母の日だから「へそ」なのだそうです。そんな話は聞いたこともないけれど、科学者的にはそうらしい。相変わらずの奇想天外ぶり。

30半ばの男のへそなんぞ、見たくもないわい!! と、言いつつよく見ると、毛深いんだねえ〜〜。

あの田植えから25年。わたしは笑って暮らしています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


4 件のコメント

  • いつも、たのしみに読んでます。いっぱい影響 刺激うけてます☺️今日は、温かい涙が、でました。

    • 美代子さん

      初めまして!
      コメントありがとうございます。
      楽しみに読んでいただけで、光栄です。
      これからもどうぞご贔屓に!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • こんにちは。
    最後の方のひとこと(へそではなく)
    血の繋がり~に同感です。
    血縁でもなく、利害関係もない方達
    に心にかけて頂く有り難さって
    人生の宝ですよね。
    このブログを読んでいると、りっつん
    さんはそんなお宝を沢山頂いている
    気がしますが、それはやはり
    りっつんさんの生き方に対する反映
    なのでしょうね。
    見ている人は見ているという。
    良いお話をありがとうございました。
    有坂さんと同じくホロリとさせられ
    ました。

    • キャサリンさん

      おはようございます。
      いつもコメント、ありがとうございます。
      そっか!「人生の宝」なんですね。
      そっか、そっか。確かに「宝」です。
      わたしは「SOS」サインが顔に出るタイプなんです。
      するとなんだかみなさん、助けてくださるんですよね。
      悲壮な顔が得意なのかもしれません(笑)

      助けられたり、助けたり。
      こうして人の世は回っているんですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    りっつん

    1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。