わたしにとっての居心地のいい友だちって、こんな人たち。

昨晩、お風呂につかりながら、ふと「友だち」の顔が頭に浮かんできました。

学生時代からたくさんの友だちと出会ってきました。学生時代のほとんどの友だちとは、いつの間にか疎遠になってしまいました。友だちはその時々で変化するものです。環境や心の持ちようが変わると友だちも変わるものです。

つながり続けたいと両者が思っていれば、その縁が切れることはありませんが、その思いが薄くなれば離れるのは必然。いいとか悪いとかではないです。誰もが自分の人生を生きるのに夢中なんですから。

さて、今わたしにとって居心地のいい友だちとはどんな人だろう。すると、なんと、共通点があったのです!

わたしにとって、友だちとは・・・

一緒に散歩しながら、とりとめのない話ができる人。

これだなと思いました。一緒に散歩のできる人!!

若いころのように秘密を打ち明けあうのが友だちってわけでもないのです。もうそんなに秘密事項もないですから(笑)

どんな人とでも、とりあえず座っては話ができるけれど、一緒に歩きたいとは思える人はそんなにはいません。これがわたしの友だちの基準かもしれないなあと思います。

散歩する場所は近所でもいいし、銀座でもいいんです。とにかく一緒に歩ける人。これができる人が、わたしにとっては大事な友だちなんです。歩調の合うっていうことですね。

歩きながら、後になると何を話したのか、よく覚えていないようなとりとめのない話ができる人。歩きながら心が溶けるような気分を共有できる人。意外なことに、歩きながらだとと本音がぽろっとでたりもします。お酒を飲むより本音が出ちゃうかも(笑)

過去の友だちを思い出しても、よく一緒に歩いてました。今でも、そういう共通体験をした友だちとは一緒に歩けると思います。

今、わたしにはそんな友だちが何人かいます。こんなほっこりとした時間が持てるのは友だちとだけ。ありがたいことです。

無理に話を合わせなくてはいけないなんていう人付き合いは、もうするつもりはありません。わたしは友だちとケラケラと笑っている時が、とっても楽しくて幸せだなあと思うのです。その時のわたしは素のわたしに違いありません。何者でもないわたしの笑いを受け止めてくれる人は、本当に大事な人です。

この世に生まれて、何の因果か分からないけれど、話の合う人がいる。なんだか神秘的です。なんで出会ったのかなあと思うと、前世の因果って本当にあるんじゃないかと思ったりします。

今日もそんな友だちと6000歩を歩いてきました。

圧倒的な緑を味わいながら、どうでもいい話をし続ける。気がつけば6000歩を歩いていました!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。