ガシャガシャ・・ガッシャーン・ガッ!・ガッ!・・・ツーツーツー

ここ数日、頭の中がフリーズしてる。。。思考が止まってる。頭の中が壊れる音がする。ガシャガシャ。

今朝、見た夢。

 

歌舞伎のチケットをもらった。わたしとそばにはもう一人女の子がいる。その女の子は知らない子。5~6歳。チケットをくれたのは、なんと、海老さま。

わたしは歌舞伎のファンでも、海老さまのファンでもない。歌舞伎の鑑賞経験は3回。いずれもいただいたチケットにて無料鑑賞。自腹鑑賞の経験はありません。

さて、突然海老さまからチケットを頂いて、わたくしは劇場に向かいます。着くなり、楽屋に挨拶に行きました。そして海老さまと話をしている。ニコニコ海老さま。

開演時間が迫り、海老さまが舞台に向かう。わたくしとその女の子も会場のに向かうことに。

と、ここからが大変なのだ!

地下の楽屋から上に上がってくると、入り口が見当たらない。座席は17列のМ席だ。こういうところが妙にリアルである(笑) けっこういい席だ。

始まる!始まる!っていうのに、入口が分からない。一度外に出てみよう。すると、知らない町が広がっていた。そして劇場そのものの位置がわからなくなってしまったのだ。

ここはどこ?劇場はどこ?

走り回る。どんどんわからなくなる。どうもこの町には劇場そのものが、ないらしい。

走り回っているうちに、地下の飲み屋街に迷い込む。どっちへ行っても行き止まりの地下街。右往左往していると、お姉さんたちが「飲んでいってよ」と誘ってくる。どこも雰囲気のいいお店ばかりだ。ここも妙にリアルだった(笑)

走り回ったあげく、なんとか地上に出ることができた。タクシーに乗って劇場を目指せばいいと気づく。そしてタクシーを止めようとするのだが、電車が止まっているということで、タクシーはこない

時計を見ると、開演してすでに1時間も過ぎている。もうダメだ。ああああああ・・・・・。海老さま・・・。

ここで目が覚めた。朝から疲労感まっくす。

ヘロヘロです。久しぶりというか、見たことのない支離滅裂な夢。どうなってるんだ?

 

現在、フリーズしてます。

 

ここ数日、頭の中がガシャガシャしている。どうにも思考できない。何か変だ。頭の中で変な音がする。やる気がまったく起きない。

ガ・ガ・ガ・・・ギキッ・・クグッ・・・  (頭の中の音

どうしたんだ?りっつん。壊れるのか?壊れるのか?ついに終わるのか?

ガ・ガ・・ガガッ・・・ツー・・ツーーーーー

油が足りないのか?砂糖が足りないのか?愛が足りないのか?

ツーッッッッッガーガーガー

か、神さま・・・・・・・お久しぶりです。

「飲んだだろ、あれ」

ん?・・・あれって1983年もののワイン

「お前は古いワインに、あたったのだ。1983年の空気を吸ってしまったのだ。頭の中だけタイムスリップしたのだ。もう元には戻れぬ」

 

誕生日にもらった1983年製ワイン

こいつのせいなの?

確かに数日前に33年前に仕込まれたワインを飲みました。コルクは劣化しボロボロ。開栓したらワインの中に、コルクのかけらが落ちてしまった。間違いなく古かった。

一滴残らず、きっちり腹の街に収まって・・・地球に戻っていった。

 

ガーガーガー。グギッグギッ・・・ゴーコケコッコ~・・・ツーツーツー。

 

ああ、33年分のデータが消えていく・・・。特に料理の・・・

 

1983年を回顧しながら、33年を2時間もかからずに飲みほしてしまった。もっとゆっくり飲めばよかった。気が付いた時にはなくなっていた。底に穴でも開いてたんじゃないかな。

1983年のワインはかわいらしい味でした。ごちそうさまでございましたm(_ _)m

 

ばば猫

こんな言い訳を考えるより、料理すればいいのにゃん。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。