目覚まし時計のない暮らし。

ここ1週間ほど、ほぼ6時半くらいが目覚めの時間となっています。

季節の変わり目で、目覚めが早かったり遅かったりしましたが、やっと、落ち着いてきました。太陽のリズムに合ってきました。

枕を東に向け、窓からの明かりを感知できるようにしていますが、今朝はふと「目覚まし時計が暮らしから消えたなあ」思いました。

若いころは完全な夜型人間。起きるのが昼過ぎということもよくありました。

長男が生まれても、朝はゆっくりのんびりしていましたが、次男が生まれると、状況は一変!朝昼関係なしのバタバタ暮らし。

あの頃から、わたしの暮らしは朝型になっていきました。というより、ならざるを得なかった。

息子たちが小中学生のころは、起床は6時ころ。今より少し早いくらいでした。

息子たちが高校に通うようになり、わたしの起床時間は1時間繰り上げられました。

息子たちが7時前には家を出るようになったので、お弁当を持たせるためには、5時に起きないと間に合わない。

2つの弁当を早起きしてせっせと作りました。あの6年間で身につけた料理を手早く作るというスキルが、今になって役立っているなあって思います。

どんなことも、役に立つもんです。

毎日目覚しに起こされていた時代は、「辛い」だの「ほとほと嫌になる」と文句を言いながらも、それはそれで活力に満ちていたと思います。

そして、いつの間にか、暮らしの中から目覚まし時計が消えていました。活力はちょっと足りないですけど、暮らしは静かになりました。

目覚まし時計がないのは、朝の時間に追われていないということで、本当にありがたい暮らしではあります。

しかし、こんな暮らしぶりなので、目覚ましを仕掛けなくてはいけないときには、緊張します。

こいつ、本当に鳴るかしら。壊れてないかしら。

信用できずに、心配になります(笑)

さてさて話題を変えて。

今日は、先日片付けた衣類の中から、チビ布を作ろうと思っています。

衣類の中でから吸水性がありそうなものを選んで、10センチ四方くらいの小さな布に切ります。チビ布は台所や洗面所を拭いたり、磨いたりするのに、とても便利です。

1日の終わりには、チビ布でシンクを磨いているので、シンク用のスポンジなどはありません。使い捨てですので、遠慮なくいろんなところに使えてやめられません。

【毎日のお掃除】布や紙を毎日1枚使い捨てることで、シンクの中をきれい保っています。

2018年7月27日

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログ村の「ライフスタイルブログ」のランキングに参加中です。いつも応援クリックありがとうございます♪


りっつんブログが本になりました。

経験談や人情話から猫話。そして実用的な老後のお金の話まで。心を込めて綴りました。

「老後のお金」など、ブログではあまり触れていない話題にもかなり踏み込んで書いているので、お手にとって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

りっつん

1957年生まれの60歳(2017年に還暦を迎えた)。埼玉の片田舎で自由気ままに1人暮らしを謳歌している。 中年化した2人の息子はそれぞれ家庭を持ち、日本のどこかで生息中。 愛読書は鴨氏の書いた『方丈記』。好きなミュージシャンは山下達郎。 時々、3歩あるくとすべてを忘れる「とりっつん」に変身してしまう。